国産牛と輸入牛

お店に来られたお客様によく聞かれる事があります。

お客さん:「この肉、国産牛?」

私:「はい、もちろん国産牛です」

お客さん:「じゃ、安心ですね!」

 そう、やはり国産牛と言えば、「国内で生まれ育った牛=安心、美味しい、でも少し値段が高い」というイメージが浮かびますよね。

実は、「国産牛」というのは国内で生産された牛(国内で食肉用に加工された牛)の意味なんです。

そして、生きたまま国外から輸入した牛、外来種(ホルスタイン)を、日本国内で食肉用に加工しても国産牛になるんです 。
(もちろん黒毛和牛も国産牛に含まれます)

では、逆に、「輸入牛」とは?それは、日本国外で食肉用に加工してから輸入したお肉。

また、新聞広告のスーパー、商店のチラシ等で、○○産黒毛和牛、××産黒毛和牛等とよく目にしますが、「何処の産地のお肉が美味しい肉?」って考えた事無いですか?

産地の由来ですが、たとえば鹿児島県で、生まれた仔牛を三重県松阪で育て食肉用に加工すると「松阪牛」と呼び、松阪で生まれた仔牛を仙台で育てると「仙台牛」と呼ぶのです。

要するに、どこで成牛になるまで飼育され、加工されたかが産地の由来であり

「○○牛は美味しくて△△牛は大したこと無い」
「○○牛は味が濃くて××牛は味が薄い」
という様な事はありえないのです。

関連商品



コメントする


スポンサードリンク