部位の考え方について

いろんな部位の名称を覚えるのは難しいしいと思います、地道に食べて覚えていくのが一番ですが、覚えるヒントは、名前のついた由来を知ることです。たとえば、内臓肉の「ミノ」。これは昔の人が着ていた蓑笠に形が似ているのが名前の由来です。「ハチノス」は『そのまんま蜂の巣に似ているから。『センマイ』は。ひだが1000枚あるように見えるからです。『ギアラ』は、一説によれぱ戦後に米軍墓地で働いていた人がギャランティの代わりに内臓類をもらって好んで食べていたことが由来していて、ギャランティがなまってギアラになったと言われてれています。

部位は色々ありますが、初心者は4つの胃袋、ミノ、ハチノス、センマイ、ギアラとタン、ハラミ程度はわかっておいて損はないかなと思います、またその部位の味がこってりしているのか、あっさり」でいるのか、霜降りなのか赤身なのかを知っておけば、その日の自分の好みに応じて肉を選べるようになって、より食事が楽しくなるでしょう。

関連商品




スポンサードリンク